nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (調整~完了)

 再組み立てが一段落して形だけは元に戻ったので、いよいよこれから作動確認、調整に入ります。うまく復活するかな?期待と不安が入り混じります。
 本来は、VFETの代わりにダミー抵抗を取付け、ドライバ基板の作動状況を確認すべきですが、めんどいので組み上げた状態で作動確認しました。1号機2号機共に調整を終え、最後に上蓋を閉じて無事に元の姿に復活しました。
 なお、以下の写真は2号機のものです(1号機は取り忘れてしまった)。

  B3 #2_mainte_Upper lid is closed after completion

スポンサーサイト

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (再組立て開始)

 取り敢えず各部の整備とクリーニングが終了したので、元通りに組み立てて復活させます。形は元通りになるでしょうが、ちゃんと作動するのか?楽しみ(不安)です。
 できるところは作動チェックを行いつつ、少しずつ組み立てていきました。まだサイドパネルは切り離した状態ですが、とりあえず形になりました。2号機も同時並行で進めており、(お腹を見せていますが)2台が並んだ状態です。
  B3 #1_mainte_Re-assemble #1 #2_No1

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (各部リフレッシュ)

 先日プリント基板の整備が一段落したので、それ以外のパネルや各所の汚れを落として小奇麗にしました。

  B3 #1_mainte_Start of a re-assembly #2

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (その3)基板復旧

 必要パーツの買い出しに秋葉原まで行くのが億劫で、パーツが集まりません。仕方なく近くのパーツ屋で半導体を中心に購入してきました。
 先日不良部品を取り外した各基板のパーツ取付け、再ハンダ、クリーニングを行い、プリント基板の外観は元どおりとなりました。
  B3 #2_mainte_PCBs refreshed heat sink

パワーアンプYAMAHA B-3(2号機)の整備 (分解)

 B-3(1号機)の整備途中で、初段のデュアルFET 2SK100の特性確認のために、2号機の2SK100も摘出してしまいました。取り出しには本体をある程度ばらす必要があり、それならばとついでに分解してしまいました。1号機とごっちゃにならないように気を付けなくては。
  B3 #2_mainte_Under disassembly now

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (その2)2SK100を見てみよう

 B-3(1号機)から外した2個の2SK100を少し見てみましょう。2SK100はデータシートが公開されておらず、高gmや低NF等の謳い文句しか知ることができません。なんとかもう少し具体的な姿を知りたいですね。
 また、いざという場合の代用品についても、目途を付けておければと思います。
  B3 #1_Maintenance_2SK100 with Compatibles

パワーアンプYAMAHA B-3(1号機)の整備 (その1)

 さてさて、しばらく電子工作を離れて趣味の対象が別のところに行っていましたが、ここの所少しずつ禁断症状が出てきて、何かめぼしいネタを探していました。
 先日、もう使うことも無いだろうと引退宣告をして、クローゼットの奥深くに仕舞い込んだパワーアンプYAMAHA B-3を思い出し、ネタにしようと企んでいます。
 2台ありますが、購入後30年以上の付き合いとなります。1台は数年前に使った記憶があり、何事もなければ動作するはず?です。もう1台は10年近く電源を入れた記憶がなく、確かプロテクト動作に持病があって、まともに使えそうもなかったような記憶もあります。
 今は、特に製作物のネタもないので、これらを整備しようと思います。私の技量では壊すことにもなりかねませんが、その時は運命と思って諦めましょう。
 と言うことで、先ずは正常動作するはず?の1号機に被検体となってもらいました。

  B3 #1_maintenance_View of 2sets of B3

EL38全段差動PPアンプ(真空管交換)

 EL38の一本が死亡したのが昨年の8月で、それ以来コンセントから抜いていましたが、この度やっと交換用のEL38(ペア)が入手できたので交換しました。
 ついでに初段FETの熱結合対策と各部の調整を行い、約9ヶ月ぶりに音を出すことが出来ました。
  EL38 Trouble_New tubes



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。