nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

MQ60のメンテ (2010年9月実施)

 MQ60は1970年頃にLUXが製品として販売した50CA10-PP(30W+30W)の真空管パワーアンプです。このキット版がKMQ60で、共に当時は人気製品だったようです。
 このMQ60は今から数年前に知人より故障品として入手したものですが、当時は真空管アンプには全く興味が無く、即押し入れに直行となっていました。

 ある日、真空管アンプ自作の勉強のためにこのMQ60をメンテしようと思い立ち、先ずは基礎から勉強を始めました。教科書はぺるけさんがHPで公開されている”私のアンプ設計マニュアル”です。アンプ設計のイロハを学ばせて頂きました。
 何とか自力でロードラインを引けるようになったので、50CA10を酷使しないような動作点にすべくオリジナル回路を見直しました。
 幸いにも大物パーツは殆ど使用可能であったため、分解&再組み立てもスムーズに行きました。再塗装もなされて見違えるようになったMQ60は息を吹き返し、誇らしげに音楽を奏でています。
MQ60_修理完了 右斜めカット


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。