nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

EL38全段差動PPアンプ(1本死亡)

 この暑さのせいではないと思いますが、真空管EL38が一本お亡くなりになってしまいました。
 夏場はなるべく発熱の少ない小型の真空管アンプを使用していますが、何の気まぐれか暑苦しいEL38PPアンプに火を入れてしまいました。スイッチON後の暫くはきちんと音が出ていたのですが、いきなりスピーカから「ボコッ!ボコッ!」とイヤな音が出て、アンプの電源が落ちてしまいました。

  EL38 Trouble_Closeup of failure tube

スポンサーサイト

平衡型イコライザアンプの製作(とりあえずクローズ)

 いつまで待ってもMCトランス入手の目途が立たない(口を開けて待っているだけ)ので、とりあえず手持ちの使えそうなトランスを組込んでしまいました。
 試しに聴いたLP、ザ・スクェアのアドベンチャーがすっかり御機嫌で、仮の音出し用のつもりでしたが、もしかしたらこのままでも結構いけるのでは?・・・などと妥協しそうな予感が。
  Balanced EQ amp Close_AD Player Outlineview 2

 きちんとした(してなくても良いんですけど)MCトランスが来るまで、暫く今の状態で使ってみようと思います。
 っと言うことで、とりあえずこの案件はクローズにしました。

平衡型イコライザアンプの製作(まだ製作中)

 もう3週間ほどこのままの状態です。
 入力部のMCトランス部分を除いて、とっくに組み上がっているのですが、MCトランス入手の目途が立たず放置状態となっています。
 回路的には、今の状態でもMMカートリッジ入力には対応できるのですが、MMカートリッジは持っていません。何もしないのもアレなので、各部電圧のチェックと簡単な計測を行いました。
  Balanced EQ amp_build_tube closeup

平衡型イコライザアンプの製作(製作途中)

 真空管周り及び電源部の小物パーツは平ラグ端子板に取り付けました。
 平ラグ端子板は合計5個です。+B電源用、ヒータ/バイアス電源用、真空管周辺用、それにNF(RIAA)回路用が2個となりました。取りあえず、平ラグ板単位で結線チェックをやったので、誤配線の可能性は少ないはずです。

 パーツを取り付けた平ラグ端子や主要部品をシャーシに取付け、後は配線を残すのみです。おぉっと!MCトランスがまだです。
 しかし、ハンダ付をするには少々厳しい(暑い!)季節になってきました。エアコンがない作業部屋でのハンダ付けは、蒸し暑いこの時期には厳しいです。
Balanced EQ amp_Arrange frontview

平衡型イコライザアンプの製作(そうだ作ろう)

 近頃流行りの「平衡化したい病」の影響か、自然な流れとしてイコライザ(EQ)アンプも製作することになりました。
 私的にはアナログレーコードを聴く機会は少ないし、一昨年の暮れに半自作(メーカ品流用)したEQアンプもあり、これで十分なのですが。
 でもせっかくなのでレコードプレーヤーも平衡接続せねばと、必要も無いのに新しいEQアンプの製作に取りかかりました。
  Balanced EQ amp_tube closeup

【 2016/05/23 】 ③ 真空管アンプ 平衡型イコライザアンプの製作 | TB(-) | Comment(-)

UZ42全段差動PPアンプ(平衡型改造)

 このアンプ(UZ42全段差動PP)もEL38全段差動PPと同時期に製作したもので、発熱著しいEL38アンプが冬限定であるのに対し、UZ42アンプはスリーシーズン用です。力強さや切れはEL38に一歩譲りますが、繊細さや清涼感はいいものがあり、私のお気に入りです。
 これからの季節に多用するアンプでもあり、マイ流行に乗り遅れないように平衡型の仲間に引き込みます。ということで、UZ42全段差動PPアンプにも改造を施しました。
  UZ42 modified rear view

【 2016/04/23 】 ③ 真空管アンプ UZ42全段差動PPアンプ | TB(-) | Comment(-)

EL38全段差動PPアンプ(平衡型改造)

 およそ4年前に製作したこのアンプ、発熱が大きいので冬場のアンプとして頑張ってくれています。今のままで特に不満はなかったのですが、マイ流行?に乗って入力を平衡型に改造しました。
 先日完成した平衡型FET差動ラインアンプが期待以上だったので、平衡型という誘惑に逆らえず、ついに改造に手を出してしまいました。
 改造の結果、やはり「平衡型は素晴らしい!」と再認識しました。
  EL38PP_modified inner view

【 2016/04/18 】 ③ 真空管アンプ EL38全段差動PPアンプ | TB(-) | Comment(-)

6922差動ラインアンプの製作(その5 回路図や周波数特性など)

 組み立て後に簡単なチェックのみ済ませ、そのままヘッドホンで音楽を楽しんでいましたが、今日は思い立って周波数特性を計測しました。素晴らしい特性とはいきませんでしたが、程々の特性が得られて安心しました。
 ついでに完成版の回路も示しておきます。
 また、真空管6922については手持ちから最良ペアを選別しました。この結果で音が良くなったなんて事は決してありませんが、私的なこだわりと気持ちの問題と言うことで。
  LINAMP計測_周波数特性計測アップ



【 2015/03/03 】 ③ 真空管アンプ 6922差動ラインアンプ | TB(-) | Comment(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。