nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

オマケにもう一つUSB DAC製作

 前回のPCM2702を使用した「もう一つのUSB DAC」が意外に良くて、メインシステムの常用DACに収まってしまいました。私の場合はハイレゾ音源など聴くこともなく、持って生まれた駄耳故にこの程度のDACで十分に満足しています。ハイ、安上がりです。
 ならばついでにと、作業部屋用の平衡型FET差動ラインアンプ(2号機)内蔵のUSB DACも交換しようと、オマケにもう一つ製作することにしました。
 この程度の工作なら暑さ(熱さ)も耐えられるし、いざとなればハンダごてを持ってリビングに逃避することも容易です。
  Onemore PCM2702DAC_Exchange  Onemore PCM2702DAC_Closeup

もう一つのUSB DAC製作(完成です)

 先日まででプリント基板の組立が終了していましたが、やっと完成しました。
 仕事&プライベートで、なかなか時間が取れずに少し遅くなってしまいましたが、簡単な調整を終えて蓋を閉じました。見た目は相変わらずヘタレですがご勘弁を。
 少し試聴した限りでは、切れと繊細さがあるなかなか心地よい音を出してくれていると思います。
  PCM2702USB DAC_Completion closeup

もう一つのUSB DAC製作(プリント基板組立て)

 先日製作したプリント基板に、パーツを取り付けてプリント基板の組立がほぼ終わりました。
 DAC部とバッファ部の2つに分けましたが、バッファ部(平衡型FET式差動ラインアンプ)は3度目の製作なので慣れたものです。しかし、USB DAC部はそもそも正常に作動するか否か組み立ててみないと分かりません。
 USB DAC基板にPCからUSB接続して、作動状況を確認しました。一部パーツの取付ミスがあったものの、何とかそれらしく作動しているようです。
  PCM2702USB DAC DAC lineamp PCBs 1

もう一つのUSB DAC製作(回路と基板製作)

 PCM2702は手に入ったけど、どんな回路にしようか?
 難しい事はできないので、DCA周辺回路はデータシートを参考にしました。
 バッファ段はぺるけさん推奨のトランス式か差動バッファ方式か?はたまたアクティブフィルター式とするか?色々と選択肢がありますが結局は平衡型差動バッファ方式を採用しました。
 回路は取り敢えずの状態ですが、それなりに動くのではと勝手に思い込んでいます。
 拙速ですがプリント基板も製作しました。DAC基板とバッファ基板に分け、トラブルシュートや改造がやり易いように、また飽きた時の交換もし易くなります。
  PCM2702USB DAC PCBs

平衡型FET式差動ラインアンプ2号機(完成)

 先日までで組み立てがほぼ終了し完成一歩手前でしたが、最後に残しておいた箇所のハンダ付けを行って、各部のチェックと簡単な特性計測及びチューニングを行い、完成としました。
Baldiff lineamp #2 completion closeview

もう一つのUSB DAC製作(また作るの?)

 先日、自作の「秋月でないUSB DAC」を、平衡型FET式差動ラインアンプ(2号機)に組込むためにバラしてしまいました。このため自作の単体USB DACはAKI.DACを使用したUSB DAC(トランス式)が1台のみとなってしまいました。
 我が家のオーディオシステムではメーカ製DAC(普及品です)を使用しているので、別に困ることはないのですが何か物足りません。
 と言うことで、大した理由もなくもう一台USB DACを製作することにしました。えっまた作るの?
  PCM2702 soldered on conversion board

【 2016/05/20 】 ④ 半導体アンプ もう一つのUSB DAC製作 | TB(-) | Comment(-)

平衡型FET式差動ラインアンプ2号機(組立まで終了)

 暇を見つけてチマチマと作業していた2号機が、形だけは組み上がりました。まだ作動確認はしていないし、もちろん計測や音出しも手付かずです。
 会社から帰宅後の少しの時間を費やしての作業に加えて、併行して他の製作にも浮気をしつつのスローペースなため、なかなか捗りません。これで何とか一段落しました。
 最後の結線チェックは未だですが、プリント基板と電源部は個別に電圧チェックをしているので、大きな間違いはないと思います。なんとか来週には火を入れたいと思います。
  Baldiff lineamp build frontview1

平衡型FET式差動ラインアンプ2号機(シャーシ加工など)

 5月の連休も終盤になり、出来るだけ作業を進めておこうと、暇を見つけてはシャーシの孔開けとその他諸々の作業を終えました。
 一気にハンダ付け作業にかかりたかったのですが、電源トランスがありません。作業は一時延期です。
Bal FET difamp #2 crafted chassis