nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

なんちゃって真空管試験機の製作(その6 痛い!)

 先週製作した電源ユニット等の作動確認を行いました。作りっぱなしだと組込んでからのトラブルが目に見えているので、基板レベルで最小限の作動確認をしておきます。
 また、この時点で回路定数の変更や一部回路の手直しも行いました。
  UNITTEST_BPOWUP

【 2015/03/30 】 ② 電子工作 真空管試験機(もどき) | TB(-) | Comment(-)

真空管試験機の製作(その5 電源ユニット等の製作)

 いよいよ春到来ですね。我が家も桃の花が今や遅しと咲き始めました。
 このテーマも既に(その5)ですが、製作の進み具合はカタツムリのお散歩状態で、やっと電源ユニット等の製作が終わったところです。
 高圧電源やバイアス電源を部分ごとにユニットとしてユニバーサル基盤に組みました。実際のところまだ動いていません組み立てただけです。
  TUBTSTR_MODULES

【 2015/03/23 】 ② 電子工作 真空管試験機(もどき) | TB(-) | Comment(-)

なんちゃって真空管試験機の製作(その4 さあ作ろう)

 計画を立ててから1年近くが過ぎてしまいましたが、やっと製作に着手します。
 今迄にショートテスト回路バイアス電源の実験でお茶を濁していましたが、真空管ラインアンプが終了したので本格的に製作にかかるつもりです。完成目標は5月の連休とします!(取り敢えず今年のとは言わないでおこう)

 決まっていない所も多々ありますが、今悩んでも仕方ありません。
 ケースをはじめ主な部品はほぼ集まっており、少しずつ製作&テストを積み重ねれば何とかなりそうです。本機の完成までは集中し、他の工作に浮気しないように努力したいなぁ~と。
  TUBTSTR製作_PARTS&SCHM


【 2015/03/08 】 ② 電子工作 真空管試験機(もどき) | TB(-) | Comment(-)

なんちゃって真空管試験機の製作(その3 バイアス電源の実験)

 このテーマは(も)遅々として進んでいませんが、決して放棄した訳ではなく、回路は(動くかどうかは別にして)殆ど決まり、ケースを含めて8割以上のパーツも集まっています。急ぐ訳ではないのでのんびりと楽しみながら進めるつもりです。

 今回は唐突にバイアス電源について試作と実験を行いました。
 当初は-数十V~0V程度が出せればいいや!と考えて、ツェナーダイオードや簡単な定電圧回路で組むつもりでした。しかし正バイアス領域で動作させる球も結構あることに気付き、-数十V~+20V程度まで連続可変したいと今回の実験となりました。
 実験の結果、実回路にするには幾つか課題はありますが(多分)目標の性能が出せそうです。
    
BIAS電源実験_基板接続  
【 2015/01/28 】 ② 電子工作 真空管試験機(もどき) | TB(-) | Comment(-)

なんちゃって真空管試験機にトライ(その2 ショートテスト回路)

 今日は、時間が少しとれたので、ショートテスト回路について基本回路の検討と確認を行いました。

 本来はリーク(電流)テストがベターかと思いますが、果たして不良真空管のリーク電流がどの程度あるのか?数十V電源+ネオンランプで用をなすのか?よく判りません。

 そこで、リークテストは面倒そうなので止めて、ショートテスト回路にしました。そうです、単なる導通チェック回路です。これなら簡単にできそうです。

ショートテスト回路実験2

なんちゃって真空管試験機にトライ(その1 構想)


 真空管コレクターや真空管工作ホビーストなど、その道のマニアなら必ず持っているお宝、それはなんと言っても「真空管試験機(チューブテスター)」でしょう。希少故に、その筋(某オクなど)では高値で取引されており、我々のような初心者には遥か高嶺の花です。

 真空管マニアのステータスシンボルとも言える真空管試験機、その威厳ある姿形はマニアならずとも目を奪われます。所狭しと並ぶメータやスイッチ、ソケットやツマミは、マニア心を妙にくすぐり、持つことの優越感、弄ることの快感を一層高めてくれるらしいです。(噂です、あくまでウワサ)

真空管試験機色々s

 私も快楽に浸ってみたいのですが、とても手が出るような代物ではありません。そこで本物を所持する夢は清く諦め、紛い物に走ることにしました。
 ネット上には自作の真空管試験機を公開されている方もおられます。それらには遠く及びませんが、自己満足の「なんちゃって真空管試験機」をでっち上げようと思います。