nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

平衡型FET差動ラインアンプの製作(その5 おぉ!)

 おぉ!イイじゃない・・・我が家の(なんちゃって)オーディオシステムにつないで試聴してみた率直な感想です。
  Bal FET linamp try listn

 現在メインで使用している真空管6922差動ラインアンプに代えて本機をつなぎ、お気に入りCDを聴いてみました。PCで再生したFLACファイルをDAC(POP PLUS PCM1796 Mk2)経由で不平衡で入力し、同じく不平衡で真空管EL38 PP全段差動アンプに入れてスピーカ(YAMAHA NS-1000M(改))を駆動しています。

 まず、音の定位が良くピタッと決まります。個々の音がきちんと分離され、全体として安定した音像を創り上げています。しかし決して派手ではなく、うるさく感じることはありません。これが平衡型アンプの特徴なのか、はたまたオーディオトランスの影響か?結構イイんじゃないでしょうか。少しおどろきです。まあ私の駄耳なので話半分以下ですが。

 今までは、平衡型オーディオ機器を持っていないこともあり、平衡という言葉にはあまり関心がありませんでしたが、なぜか急に甘い蜜のような言葉に思えてきました。
 今ある全段差動アンプは簡単な改造で平衡入力にできそう・・・等とよからぬ考えが頭をよぎっています。平衡型DACや平衡型フォノイコライザもほしいなぁ。
スポンサーサイト
【 2016/04/02 】 ④ 半導体アンプ 平衡型FET差動ラインアンプ | TB(-) | Comment(-)

平衡型FET差動ラインアンプの製作(その4 組立て完了)

 さてさて、完成まであと一息となっていた平衡型FET差動ラインアンプですが、この土日に少し時間を確保して作業を進め、何とか作動できるまでになりました。
 残っていた作業を終えて各部の電圧計測とバランス調整を行って音出しまでいき、見てくれは悪いですが一応形になりました。
  Bal FET linamp top view

【 2016/03/28 】 ④ 半導体アンプ 平衡型FET差動ラインアンプ | TB(-) | Comment(-)

平衡型FET差動ラインアンプの製作(その3 組立て開始)

 シャーシ加工がほぼ終わったので、この3連休で少し時間を作って組立にかかりました。
 ラインアンプやヘッドホンアンプはプリント基板化したので組立は比較的楽です。電源部は電源トランス以外の回路を平ラグ板に組みました。
 なお、プリント基板は、後でのトラブル回避のために組込む前に各部電圧の計測とDCバランスの調整を行いました。
 一部(故意に)作業を残してあり完成状態ではありませんが、大まかな作業は一段落つきました。
  Bal diff amp rear panel view
【 2016/03/22 】 ④ 半導体アンプ 平衡型FET差動ラインアンプ | TB(-) | Comment(-)

平衡型FET差動ラインアンプの製作(その2 シャーシ加工)

 先日、主だったプリント基板の組立が終了したので、シャーシ加工に移りました。
 ケースは、弁当箱シャーシに4mm厚のフロントパネルを取付けてお茶を濁します。もちろん塗装もパスです。
 キャノンコネクタの穴開けは少し悩みましたが、それ以外は殆ど丸穴で数も少なく卓上ボール盤とステップドリルを使って楽ちんでした。少し悩んだキャノンコネクタの穴開けは、皆様の事例を参考に問題無く終わりました。
 電源トランスや電源回路等決まっていない部分もありますが、大まかな穴開け作業はこれで完了です。

 だがしかし、最後に思いもかけない落し穴が待っていました。愚かにも気付かぬ内に落ち込んでいた私は、泣く泣く這い上がることを諦めました。
  Chassis & Front panel 2_failed


【 2016/03/14 】 ④ 半導体アンプ 平衡型FET差動ラインアンプ | TB(-) | Comment(-)

平衡型FET差動ラインアンプの製作(その1)

 現在、マイ(貧弱)オーディオでは真空管(6DJ8)式差動ラインアンプを使用していますが、FET式のものも欲しいなぁなどと思い、暇だし作ってみようかということになりました。
 ということで、FET差動ラインアンプを製作するべく、ぺるけさんの記事を参考に細部の検討や部品集めが完了したところで、いきなり気紛れな方針変更が発生しました。
 ぺるけさんのHPで平衡型FET差動ラインアンプVer2に目移りし、「平衡型」という甘い言葉に飛び付いてしまいました。かく言うわたくし、繋ぐべき平衡型オーディオ機器は一つも持っていないんですけど。
 いつものとおり製作では、なるべく費用をかけずに長く使用できるものにしたいと思います。さあ製作開始!気分が乗っているところで、平衡型ラインアンプと内蔵平衡型ヘッドホンアンプの基板組立までを終わりました。
  Board_Assy_&_Canon_Connector.jpg

 
  
【 2016/03/08 】 ④ 半導体アンプ 平衡型FET差動ラインアンプ | TB(-) | Comment(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。