nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (再組立て開始)

 取り敢えず各部の整備とクリーニングが終了したので、元通りに組み立てて復活させます。形は元通りになるでしょうが、ちゃんと作動するのか?楽しみ(不安)です。
 できるところは作動チェックを行いつつ、少しずつ組み立てていきました。まだサイドパネルは切り離した状態ですが、とりあえず形になりました。2号機も同時並行で進めており、(お腹を見せていますが)2台が並んだ状態です。
  B3 #1_mainte_Re-assemble #1 #2_No1

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (各部リフレッシュ)

 先日プリント基板の整備が一段落したので、それ以外のパネルや各所の汚れを落として小奇麗にしました。

  B3 #1_mainte_Start of a re-assembly #2

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (その3)基板復旧

 必要パーツの買い出しに秋葉原まで行くのが億劫で、パーツが集まりません。仕方なく近くのパーツ屋で半導体を中心に購入してきました。
 先日不良部品を取り外した各基板のパーツ取付け、再ハンダ、クリーニングを行い、プリント基板の外観は元どおりとなりました。
  B3 #2_mainte_PCBs refreshed heat sink

パワーアンプYAMAHA B-3(2号機)の整備 (分解)

 B-3(1号機)の整備途中で、初段のデュアルFET 2SK100の特性確認のために、2号機の2SK100も摘出してしまいました。取り出しには本体をある程度ばらす必要があり、それならばとついでに分解してしまいました。1号機とごっちゃにならないように気を付けなくては。
  B3 #2_mainte_Under disassembly now

パワーアンプB-3(1号機)の整備 (その2)2SK100を見てみよう

 B-3(1号機)から外した2個の2SK100を少し見てみましょう。2SK100はデータシートが公開されておらず、高gmや低NF等の謳い文句しか知ることができません。なんとかもう少し具体的な姿を知りたいですね。
 また、いざという場合の代用品についても、目途を付けておければと思います。
  B3 #1_Maintenance_2SK100 with Compatibles

パワーアンプYAMAHA B-3(1号機)の整備 (その1)

 さてさて、しばらく電子工作を離れて趣味の対象が別のところに行っていましたが、ここの所少しずつ禁断症状が出てきて、何かめぼしいネタを探していました。
 先日、もう使うことも無いだろうと引退宣告をして、クローゼットの奥深くに仕舞い込んだパワーアンプYAMAHA B-3を思い出し、ネタにしようと企んでいます。
 2台ありますが、購入後30年以上の付き合いとなります。1台は数年前に使った記憶があり、何事もなければ動作するはず?です。もう1台は10年近く電源を入れた記憶がなく、確かプロテクト動作に持病があって、まともに使えそうもなかったような記憶もあります。
 今は、特に製作物のネタもないので、これらを整備しようと思います。私の技量では壊すことにもなりかねませんが、その時は運命と思って諦めましょう。
 と言うことで、先ずは正常動作するはず?の1号機に被検体となってもらいました。

  B3 #1_maintenance_View of 2sets of B3

PL-70のフォノケーブル交換とついでに整備

 近頃、平衡化というマイブームに足を突っ込んで抜け出せなくなり、ついにレコードプレーヤーにまで手を出してしまいました。今のままでも何の不満もなかったのですが。
 でも、平衡型フォノイコライザの製作にも着手した後は、プレーヤーの平衡化は自然の流れですよね。・・・と自己容認しておこう。
 まあ、レコードプレーヤーの平衡化は回路や機構部の改造ではなく、単に出力フォノケーブルの交換だけなのですぐ終わってしまいます。エッ!つまらない?
 フォノケーブル交換のついでに、我が愛機PL-70をあちこちクリーニング&整備しました。
  PL70Maintenance_After Armunit2

CDプレーヤーの平衡出力

 えっ、平衡出力できるんだ?・・・ラックの掃除をしていて、CDプレーヤの背面にキャノンコネクタがあるのを偶然見つけました。
 DENON製のDCD-1650GLという普及クラスの機器で、ずいぶん前に中古で入手したものです。当時は良く使用していましたが、CDは殆どPCに取り込んだため、今では電源を入れることもなく場所取りのオブジェと化しています。
  DCD-1650GL_Front view

 まあ、それでもせっかくの平衡出力ならば聴いてみようと、先に製作した平衡型FET差動ラインアンプに接続して試聴してみました。感想は、・・・う~ん違いが分からない。まあいいか。

【 2016/05/13 】 ⑤ なんちゃってオーディオ CDプレーヤーDCD-1650GL | TB(-) | Comment(-)