nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

CWアクティブフィルターの製作 (その3 完成)

 先日組み上げて、アンプのポップ音とヒスノイズに閉口していましたが、妥協できる程度に対策を行い、また各部の見直しも行って完成としました。
 今回手を入れた部分は次のとおりです。
 ① AFアンプIC LM386の電源入切時のポップ音対策
 ② 同じくLM386の無入力時ヒスノイズの低減
 ③ CWチューン表示の感度向上
 ④ BPFの帯域幅縮小
 ⑤ モード切替えのレベル合わせ

 アマ無線バンドのCWワッチでは、BPFを使用することでバックノイズが大きく低減され近接局の混信も気にならず、静かな中で気持ちよくワッチできます。
 でも、相変わらずちょっと速い通信にはついて行けません・・・。
CWフィルター完成_内部アップ

スポンサーサイト

CWアクティブフィルターの製作 (その2 組み上がったけど・・・)

 以前バラックで作動確認まで終えましたが、1ヶ月越しでやっとケースに組込みました。
 放置していた訳ではなく気にはなっていたのですが、ついつい色々と。その証拠に常に作業机の上に置いて(放り出して)あり、いつでも作業が出来るようにしてありました。

 先日、気を張って臨んだ6WC5シングルミニワッターとトランジスタカーブトレーサがひとまず落ち着いたので、暇を見つけて少し作業を進めました。

 取りあえず組み立てては見ましたが、実のところ手を入れたい所が出てきました。今はいいアイデアが浮かばないので完成は少し先に延ばします。
 それでも、受信機に接続して実際に使用してみたところ、私レベルには十分ではないかという気がします。
CWフィルター組立_受信アップ

CWアクティブフィルターの製作 (その1)

 近頃オモチャにしているHF受信機IC-R72で、たまにアマ無線バンドを覗いてトンツー(CW)をワッチするのですが、少し早い通信にはついて行けません。一文字毎にメモしておかないと直ぐに忘れてしまい、まして和文などとんでもない状態です。ウン十年のブランクとは言え情け無い・・・。

 IC-R72は廉価機なのでIF段CWフィルターがオプション扱いで、2.3kHzのSSBフィルターしか装備されていません。追加購入は出来ますがお気楽リスナーには手が出ない価格です。
 CWスピードについて行けない事をフィルターのせいにするつもりは(少ししか)ありませんが、出来るだけ余計な雑音が入らない環境で聴きたいものです。

 と言う事で、CW用オーディオフィルターを製作してみる事にしました。受信機の音声出力をフィルターに通す事で帯域外の余分な混信を除去して聴きやすくします。
 近頃の無線機はDSP式の高機能フィルターを標準装備しており、今さらの感もしますが、私の手に負える範囲でオペアンプを使用したアクティブフィルターを製作する事にしました。

CWフィルター 基板外観2jpg

ΔLOOP9アンテナのヌル調整 (ノイズ発生器で徹底調整)

 先日製作したΔLOOP9アンテナ(ループアンテナ、アンプ部及び電源部)はお気楽リスナーである私には手頃でほぼ満足していたのですが、どうしても気掛かりな部分があり思い切って対策を行うことにしました。

 気になる点は次の2点です。
 ① ヌル調整が中途半端で、徹底的に追込みたい。
 ② 屋内仕様のためどうしても感度的に不満である。

 そこで、①のヌル調整を徹底的に追込むべくトライしてみました。
 その結果、ほぼ満足できるレベルに追い込めたと思います。心なしか受信音もノイズが少なくクリアに聞こえる気がします。

ノイズ発生器_調整装置

受信用アンテナの製作 (その2 ループアンテナ)

 昨日製作した「手抜きアンテナ+ActiveBOX」の結果が思った以上に良かったので、いよいよ本命のΔループアンテナを製作しました。

 私の使用目的から言って、景山氏がホームページで公開されているΔLOOPというアンテナが良いと考え、これを製作しました。詳細な製作情報を提供されている景山氏に感謝いたします。

 当初は屋外設置で考えていましたが、電子回路の防水やエレメントの強度・防錆等を考えると結構面倒なので、当初は屋内仕様で製作して暫く使用してみます。
 結果が良さそうなら屋外設置用を改めて製作しようと思います。

デルタLOOP9_受信機とアンプBOX


受信用アンテナの製作 (その1 ワイヤーアンテナ)

 先日の記事に書いたように、HF帯オールバンド受信機IC-R72が使えることが判ったので、なんとかこれの受信環境(アンテナ)を整備しようと思います。

 今更アマ無線やBCL/SWLを再開する訳ではなく、気が向いた時にワッチする程度のお気楽リスナーを目指します。なので、気合いを入れて大げさなアンテナを設置するつもりはなく、小型で簡単なアンテナを探したいと思います。

 市販品購入はそれなりの費用がかかるので、ネットで公開されている作例を参考に製作することにし、今回は最も簡単そうなワイヤーアンテナとアンテナアンプを製作してみました。

 すっかり真空管アンプ製作からずれて行ってますが、まあいいでしょう。

ActiveBOX_アップ

押し入れでオモチャ(IC-R72)発見

 先日、押し入れ(正確にはクローゼット)を捜索中に、思いがけないものを発見しました。私自身すっかり忘れていたのですが、なんとHFオールバンド受信機を見つけてしまいました。
 機種はICOM製のIC-R72という、まあ性能的には何の取り柄もない普及機です。購入当時の箱に入ったままで取説、回路図や期限切れの保証書も残っていました。当時何の目的で購入したかさえ記憶にありませんが、嬉しいオモチャです。

 さっそく引っ張り出して作動確認を行うと共に、懐かしいアマチュアバンドを受信してみました。

ICR72_パネル面アップ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。