nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

プリアンプC2aのメンテ (健康診断)

 ここ何日かは電子工作そっちのけで、急に思い立って我が家の現用プリアンプYAMAHA C2aのメンテをしていました。
 このアンプは若かりし頃に購入したもので。もうかれこれ25年以上と家内より長い付き合いです。大切に使用してきましたが流石にくたびれてきており、ボリュームのガリも気になります。
 実は3年前にもメンテを思いついて必要パーツを集めた所で力尽きてしまいましたが、偶然それを段ボール箱の中から見つけたのが発端です。
 スーパーのレジ袋に入ったパーツを眺めていると、このままにしておくには勿体なくて、一念発起してメンテすることを決心しました。

 開腹したC2aの内部は予想外に劣化が進み、長年の疲れが蓄積されている様子です。少しは手を掛けて労ってやり、若返らせてやろう思います。

C2a_メンテ前外観
スポンサーサイト

廉価なイヤホンを買いました

 私はヘッドホンやイヤホンで音楽を聴く習慣がなく、職場で昼休みの一時にたまに聴く程度です。職場ではPC、自作FET差動ヘッドホンアンプ(3号機)と10年以上前の安物イヤホンの組み合わせで聴いていますが、音は良くありません。(どちらかというと悪いです)

 娘(高一)がiPodのイヤホンが断線したので代わりを買いに行くというので、私も少しまともなイヤホンが欲しいと思い、選定は娘に委ねました。
 で、買ってきたのがオーディオテクニカ製のATH-CKN50というインナーイヤー型のイヤホンでした。
 これ値段の割に結構良いんじゃないでしょうか。

CKN50_外観

トランジスタテスター (ファーム更新)

 以前製作したトランジスタテスターは便利に活用しています。 部品をハンダ付けする前にトランジスタの良否やピンアサイン、抵抗やコンデンサの確認が凡ミス回避に大切ですが、その際の「これ1台!」として非常に便利です。

 トランジスタテスター(1号機)は実用機、(2号機)はファーム確認用としていますが、共にファームのバージョンが1.01kと当時のままでした。
 フォーラムを久し振りに覗いたところ、最新ファーム1.05kが公開されていましたので、特に必要はないのですが最新版に更新しました。

TTester No1&2_外観

オシロスコープ (LANで遠隔操作)

 今日はここ関東南部地域でも朝から雪になりました。
 この地域は、年に1回降るかどうか比較的雪が少ないのですが、今日は朝10時頃からぱらぱら降り始め、1時間ほどであたり一面真っ白になってしまいました。

 我が家のニャンコたちは、暖房がきいた暖かい部屋でお気に入りのクッションの上で丸くなっています。しかし私の工作部屋には冷暖房は一切なく、季節の変化を肌で感じています。寒いぃ~・・・

 外出もままならないので、オシロSDS7102のLAN接続&遠隔操作を試してみました。

SDS7102_今日は雪

オシロスコープ (素人レビュー)

 縁あって我が家に来たOWON製のSDS7102を放置するのもあれなので、少し弄ってみました。
 私には技術的スキルが乏しいので、機能・性能に関する気の利いたレビューは出来ませんが、素人なりの感想を述べます。

 面構えは、8インチのLCD画面が目立ち、丸みを帯びたエッジとプラスチック整形が良いバランスです。まあ見てくれは及第点以上です。

 では基本的な使い勝手はどうでしょうか。

SDS7102_外観

秋月USB DACの製作 (完成)

 バラックだった秋月USB DACとトランス部分をケースに入れました。
 ケースはタカチのHEN110412(幅110mm×高44mm×奥120mm)です。穴加工も少なくササッと出来るはずが、ちょっと採寸ミスがありました。
 出来上がって、FET差動ヘッドホンアンプとメインシステムに接続して試聴しました。

秋月USB DAC_内部2

オシロスコープを買おう

 電子工作ではテスターやマルチメータだけでは対応できず、オシロスコープが必要な場面が結構あります。
 私もオシロは2台持っていますが、共に20数年以上の老体で機能・性能や使い勝手が悪く、今流行のデジタル・オシロが欲しくなってきました。

 そこで、ネットで廉価なデジタルオシロをあれこれ探してみました。
 近頃のオシロは、その機能やサイズもさることながら価格の安さにびっくりします。数万円以下で十分すぎる程の製品が幾つもあります。生産国が某国ということも価格の前には霞んでしまいます。

 皆さんの使用レポート等を参考に、結局OWON製のSDS7102を本命に決めました。
 さあ、どこで購入するかが問題ですが、日本語マニュアルと保証が付いた国内正規代理店は結構割高です。最も安いのは某国ショップからの通販ですが、リスクを考えると一抹の不安もあります。
 近頃の円安、決済やトラブル時のリスク、価格の安さ・・・等々が一瞬頭の中で葛藤しましたが、気がつくと右手が勝手にポチッていました。もう後には引けません、祈るだけです。

オシロスコープ_SDS7102アップ


秋月USB DACの製作 (製作途中)

 新年そうそう弔事等が重なり趣味どころではありませんでしたが、気分転換にぼちぼち電子工作を始めます。

 昨年末に購入していた秋月USB DACキットの製作を始めました。
 以前製作した6922差動ラインアンプとFET差動ヘッドホンアンプ3号機には、同キットの出力をCRローパスフィルター型にしたものを内蔵しています。しかし単体のUSB DACも1台欲しくなり、今回はちょっと贅沢をして、巷で好評のトランス式にしました。

秋月USB DAC_パーツ一式



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。