nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

6WC5シングルミニワッター (どうも気になって)

 昨日完成したはずのミニワッターですが、どうにも気になって今朝は早起きして弄っていました。

 少し書いたように、聴きやすい音ではあるのですが、面白味に欠けた色気のない音に聞こえて仕方がありません。暫くエージングをしてみましたが、その傾向は一向に変化がありません。

 各部の定数を弄ったりしましたが決定打に欠け、最終的にカソードの定電流回路をやめることでかなり改善しました。

6WC5シングル_変更 パネルアップ

6WC5シングルミニワッター (やっと完成)

 ふぅ、やっと完成しました。
 思い起こせば真空管6WC5と出会ってから、この姿になるまで数ヶ月も要してしまいました。

 出来はイマイチですが我慢してもらいましょう。パーツボックスの中で眠っているよりも卓上で音楽を奏でている方が幸せに違いありません。

6WC5シングル_完成 計測アップ1

トランジスタカーブトレーサの製作 (完成)

 □△◎※の製作というタイトルで製作途中を記事にしましたが、組み立て及び調整がほぼ完了しましたので、改めてご紹介します。

 本機はトランジスタカーブトレーサです。簡単なもので良いのでいつかは製作したいと思っていましたが、やっと実現しました。
 例によって自力開発は不可能なので、Webで先達の方が公開されている製作事例をお手本にさせて頂きました。

 公開されている資料を元に、調整結果等で一部パーツの変更や定数・回路変更等を行いましたが、殆ど教科書どおりです。
 機能的には幾つかの制約があり開発途上の感は否めませんが、基本機能はきちんとしているので、将来のアップデートに期待大です。
 この製作を通じて回路やソフト等、大変勉強になりました。

TRCURV_完成全体内部



□△◎※の製作 (取りあえず動きました)

 幾つか残っていた部品を取り付けて、ハンダ付けの再チェックを行いました。
 特に、見落としがちな小さなハンダブリッジやハンダくずについては、目を皿のようにして隈無く探しました。2ケ所ほど問題点がありましたが、修正して基板組み立ては一段落しました。

 細かな作動確認やキャリブレーションは置いておき、いきなり作動確認に突入しました。電源部はまだ組んでいないため外部電源で作動させ、PC連接及び初期作動が問題ないことを確認しました。

TRCURV_初期確認Tr計測アップ

6WC5シングルミニワッター (その3 ケース加工と仮組み)

 一気に製作すれば直ぐに終了するはずが、なかなか気が乗らなくて遅々として進みません。今日はケースの加工と仮組みを行いました。

 薄手のアルミなので加工は比較的楽ですが、ケース内に納める臓物が意外に嵩張るので、取付位置をきちんと現物で確認しないといけません

6WC5シングル_仮組みパネルアップ

6WC5シングルミニワッター (製作その2)

 今日は少し時間がとれたので、電源部と真空管ソケット周りの組み立てを行いました。 真空管ソケットはL型アルミアングルに垂直に取り付け、真空管2本は寝かす予定です。
 ケース内が思いの外狭くて、寸法をきちんと決めて加工しないと入らなくなりそうです。
 アルミアングルへの穴あけが難儀でしたが、おやつの時間も忘れて没頭してしまいました。おかげでソケット周りの組み立てはあらかた完了しました。

6WC5シングル_ソケットアップ

6WC5シングルミニワッター (製作その1)

 6WC5は受信機の局発/混合用の5グリッド7極管で、アンプビルダーから見ればまさに猫またぎです。
 脇役で地味なヤツに光を当ててやろうと、シングルミニワッターに仕立てるべく計画して既に数ヶ月が過ぎてしまいました。

 6WC5の素性を調べ、回路も決まり、部品も揃った所で停滞したのは、製作しても大した音はしないだろうとの負の期待感が原因ではなく、単に私の怠慢でした。いくら何でもこのままではマズかろうと、とにかく製作を開始しました。
 一番気が重いシャーシ加工は後回しにして、今日はケース内の部品配置の検討までで時間切れです。

6WC5シングル_基本配置アップ

□△◎※の製作 (チップ部品は難しいなぁ)

 今回初めてチップ部品(SMD:表面実装部品)のハンダ付けをしました。
 私はチップ部品は小さくて嫌いです。うまくできる自信がありませんでしたが、まぁ何とかなりました。

 今製作しようとしているのは□△◎※で、海外の製作事例に倣い作っています。部品を集めてプリント基板を製作し、準備万端の状態で既に数ヶ月が過ぎてしまいましたが、意を決してスタートすることにしました。

 微小部品と格闘するには極めて不利な我がお目々(老眼はありませんよ)、ちと厳しいものがあります。

TRCURV_基板とパーツ

トランジスタテスターを作ろう (その4:テストと使用方法)

 勢いにまかせて進みます。

 前回まででハードが組み上がり、AVRマイコンにもファームが書き込まれて準備ができました。
 今回は製作したトランジスタテスターに電源を入れ、セルフテストと実際の使用方法について簡単に説明します。

 トランジスタテスターを作ろう_トランス巻き線

トランジスタテスターを作ろう (その3-2/2:ファームウェア)

 記事が長くなるので、Makefileの編集部分の抜粋にコメント追記(# ◆部分)したものを別記事として分けました。
 ちょっと長いですがご勘弁を。お分かりの方はスルーして下さい。

トランジスタテスターを作ろう (その3-1/2:ファームウェア)

 駆け足で行きます、その3です。
 ソースコードを元に、AVRマイコンに書き込むファームウェアを作成して書き込みまでを行います。

 回路や機能設定の違い等ユーザ環境に合わせてソースコードを編集し、自分専用ファームを作成します。出来たファームをライターでマイコンに書き込むと共に、ヒューズビット(fusebit)の設定を行います。

 以下記載内容の殆どがドキュメント等からの抜粋なので、細部についてはそれらを参照して下さい。

トランジスタテスターを作ろう_ATmega168

トランジスタテスターを作ろう (その2:回路)

 いきなり2回目で、今回は回路の紹介です。
 作動原理や詳細についてはドキュメントをお読み下さい。

 全機能に対応した「推奨回路」と、個人的に不要部分を削除した「簡単回路」をご紹介します。なお、簡単回路は作動保証は出来ませんので、不安な方は推奨回路で製作されますように。

トランジスタテスター作ろう 回路集合

トランジスタテスターを作ろう (その1:概要と機能)

 トランジスタテスターは手軽で便利な道具(オモチャ)です。有志による海外のプロジェクトですが、フォーラムでは多くのファンが集い日々更新がなされています。

 以前、製作記事を紹介しましたが、私以外にも”製作してみようかなぁ”と思っている方が一人位はいるのではないかと期待し、また自分の亡備録も兼ねて製作手順などを整理してみようと思います。

 簡単な電子工作なのでお暇な方はぜひトライして下さい。
 記載内容は私のレベル、すなわち初心者+α程度です。分かりやすく説明したいと思いますが本人もよく分かっていない所もあります。

 4回シリーズの予定です。
  ・その1:概要と機能(今回)
  ・その2:回路
  ・その3:ファームウェア
  ・その4:テストと使用方法

 現在の公式最新ファーム1.06kをベースに述べます。
 なお、ソースコードのビルドやAVRマイコンの書き込みが必要です。どうしても手に負えない方は身近な人にヘルプを出した方が早いでしょう。

トランジスタテスター作ろう 1&2号機