nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

なんちゃって真空管試験機の製作(その3 バイアス電源の実験)

 このテーマは(も)遅々として進んでいませんが、決して放棄した訳ではなく、回路は(動くかどうかは別にして)殆ど決まり、ケースを含めて8割以上のパーツも集まっています。急ぐ訳ではないのでのんびりと楽しみながら進めるつもりです。

 今回は唐突にバイアス電源について試作と実験を行いました。
 当初は-数十V~0V程度が出せればいいや!と考えて、ツェナーダイオードや簡単な定電圧回路で組むつもりでした。しかし正バイアス領域で動作させる球も結構あることに気付き、-数十V~+20V程度まで連続可変したいと今回の実験となりました。
 実験の結果、実回路にするには幾つか課題はありますが(多分)目標の性能が出せそうです。
    
BIAS電源実験_基板接続  
【 2015/01/28 】 ② 電子工作 真空管試験機(もどき) | TB(-) | Comment(-)

簡易型トラッキング電源の製作(その3計測)

 前回で完成したはずでしたが、チョコッとばかり特性計測を行いました。
 定電圧特性はバラック状態から大きな違いはありませんが、特に定電流(電流制限)特性については詳細計測を行っていなかったために気になっていました。

 大まかには予定どおりの特性が得られていますが、一部(私のスキルでは)原因が分からない部分もあります。それでも結果としては、通常の実験用に使用する分には大きな問題はないと思います。
  簡易TRKC電源(計測)
【 2015/01/10 】 ② 電子工作 簡易型トラッキング電源 | TB(-) | Comment(-)

秋月USB DACのフィルター交換(追加)

 先日、トランス式USB DACのフィルターを交換しましたが、ついでにCRフィルター式USB DACを内蔵したFET差動ヘッドホンアンプと6922ラインアンプもLCフィルターに交換しました。
 LCフィルター定数はぺるけさんの所で公開されており、これを参考に微調整しました。
 フィルター交換の効果はトランス式では分かり難かったのですが、今回は結構変わったように感じました。気のせいではないと思いますが如何でしょう?。
  HPA(DAC)交換後試聴
【 2015/01/10 】 ④ 半導体アンプ FET差動ヘッドホンアンプ | TB(-) | Comment(-)

秋月USB DACのフィルター交換

 以前製作したトランス式の秋月USB DACですが、巷では当初のCRフィルターをLCフィルターに交換するのが通のようです。
 私が使用したトランスはKNON(どうも日本光電らしい)ブランドのTPAS-1S(600Ω:1.2kΩ)で、マイナーな存在なのかフィルター常数の情報がありません。ぺるけさんの所の類似データを参考に仮決めしてカットアンドトライで決定しました。
  AKIDAC(TR)FIL交換_FIL部

 LCフィルターに交換した秋月USB DACは見違えるような素晴らしい音を出してくれ・・・・るはずですが、私の駄耳では良くなった気がする程度に留まりました。
 でもまあ、CRフィルターよりもLCフィルターの方が切れがよく、高域ノイズが少ないことは確かなので気分的に良しとしましょう。
【 2015/01/07 】 ④ 半導体アンプ 秋月USB DAC | TB(-) | Comment(-)

CDプレイヤーの整備

 新年早々、娘よりヘルプ!の声が。
 激甘親父としては手元の作業を中断してでも即駆けつけます。どうした?
 どうやらCDプレイヤーからCDが取り出せなくなったとのこと。EJECTボタンを押してもダメで、強制排出ピンを使ってもトレイが出てきません。どうやらCDがつっかえているようです。
 このCDプレイヤーはPC用CDドライブに制御基板を追加してケースに組込んだもので、製作して直ぐに娘の所に連れて行かれ早4年が経過しています。トラブル解決と共にこの機会に少しメンテをしました。
  CDPYR整備_HPAとペア
【 2015/01/06 】 ③ 真空管アンプ ミニワッター・コンポ | TB(-) | Comment(-)