nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

イコライザアンプの製作(その3 基板組立て)

 先日製作した新しい基板に、再利用するパーツを移植し新替パーツを取り付けて、基板が組み上がりました。
 帰宅後の少しの時間でチマチマと進めていましたが、パーツの数が意外に多くて手間取ってしまいました。

PCB組立_MCTRアップ


1.基板組み立て
 (1) EQアンプ基板
   MCトランスは表面が腐食気味だったので、軽く磨いてクリアラッカーを吹いておきました。
   小型リレー4個は、接点抵抗を計測した限りでは問題なさそうでしたが、今後のことも考えて新品に交換しました。秋月の1個90円のものです。
   トランジスタは再利用するので、位置を間違わないように移植しました。オペアンプ2個はソケット式に変更し、好きなものに交換出来るようにしました。

   フィルムコンデンサは再利用しましたが、680pや1200pの小容量コンデンサは容量の割に形状も大きく色が好みじゃないので、6個共に海神無線の黒いやつ(講釈を賜りましたが品名さえ覚えていない・・・)に交換しました。アァァ無駄な出費を。ケミコン、抵抗は新替えしましたが手持ち+買い足しで各種入り交じっています。

PCB組立_旧基板  PCB組立_新旧外観

   この基板パターン、自分で作っておきながらアレですが、オリジナルを参考にしたのですが、左右対称でない上にジャンパー箇所が多いです。美しくないですね! でも、全体として、オリジナルの旧基板に比べてコンパクトになりました。

 (2) 電源基板
   トランジスタとLEDは再利用しました。赤LEDは基準電圧用として用いられており、順電圧Vfが1.9V弱の旧タイプ(現在の高輝度型は2.0V以上)のものです。ぼんやり光る様は控えめでいいのですが、入手性が悪いので再利用しました。
   ケミコンや抵抗は全て新替えしました。ケミコンは手持ち品で賄ったので、少し容量不足の部分がありますが、まあいいでしょう。


2.チェック
  基板パターンは間違いない(多分・・・)ので、取付けミスがなければ作動するはずです。もう一度回路図と首っ引きでチェックする気力は無いので、省略します。

 (1) 電源基板
   トランスを仮付けして、回路図を元に各部の電圧をチェックし、最後に200Ωの負荷抵抗を接続した状態で出力電圧は約±19.6Vとなりました。電圧も安定しておりOKです。

PCB組立_電源テスト

 (2) EQアンプ基板
   外部電源からリレー制御用のDC12Vを供給し、カートリッジ選択スイッチ(MM/MC40Ω/MC3Ω)で、4個のリレーが作動することを確認しました。これ以上の作動確認は、時間がたっぷりある時にやろうと思います。


3.次は
  ケースに組んで特性計測でしょう。計測方法も、実はよく分かっていないので、少し勉強しておきたいと思います。
  ついでの時にでも、洒落た(高価な)ものでなくていいので、適当なケースを買ってきます。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。