nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

ハンダごて温度コントローラの製作(その1)

 皆さんはどんなハンダごてを使用されていますか?
 巷には、調温式や可搬型等の便利そうなものも売っていますが、私の愛用品は比較的お粗末なものです。ニクロム線式が1本とセラミックヒータ式が1本で、電子工作を始めて以来この2本でやってきました。
 共に手に馴染んでおりまだまだ使えますが、さすがにニクロム線式はないだろうと新しいモデルに更新することにしました。そこで、皆様がどのようなものをお使いか調べているうちに、いいものを見つけてしまいました。
 それは、ハンダごて温度コントローラです。調温機能のないセラミックヒータ式ハンダごてに温度調整機能を付加する物で、ハンダ付作業がワンランク上達したようになるらしい。自分の技量向上が望めないため、そんな良い物ならこれは作らねばと、早速製作することにしました。
  Soldering iron Temp cont board #1

1.愛用ハンダごて
  電子工作のまね事を始めたのが2009年頃で、それ以来ずっと使ってきたハンダごてが写真の2本です。真空管や大物はHakkoの704(40W)で、これは安価なニクロム線式でコテ先の劣化が早いです。半導体はさすがにセラミックヒータのGoot製CXR-30(22W)を使用しています。共に何度かコテ先を交換して使い続けており、今の所これで不自由はしていません。
  CXR-30にはネットで見付けたトライアック式の半田ごて温度調節装置を製作して使っており、そこそこに使い易くなっています。これはNishimura氏のHPで紹介されたものです。通常の部品相手ではコテ先温度はほぼ一定のようで作業も楽ですが、放熱効果が高い部品やベタグランド面のハンダ付けではいささか反応が遅く、熱量不足が顕著となります。
  CXR-30はまだ当分使用できそうなので続けて使用しますが、新たに30~40W程度のセラミックヒータ式ハンダごてを追加購入するつもりです。GootのCRX-41あたりが良いかなと思っています。調温タイプは高価だし私には勿体ない。
  My favorite Soldering irons  Triac Temp controller in use


2.温度コントローラ
  ネットで見つけた記事は、蝦名氏主宰マイナーオーディオの部屋の「センサレスハンダごて温度コントローラの製作 その1~その4」です。この記事の最終形態であるその4に倣って製作することにしました。
  氏の記事は回路図以外にも細かな作動原理や基板パターンまで公開されており、大変にありがたいです。各パーツの働きについても細かく記されていますが、私はよく理解できていません。まあ、そのまま作れば動くだろうと、現有のCRX-30と追加購入予定の合計2台分を製作することにします。


3.製作
  使用されている部品は殆どが汎用品で、かなりの物が手持ちで賄えそうです。回路に指示されているピッタリでなくても、同等品や近似値の物ならばおそらく使えると思います。
  AC100V整流後の平滑用ケミコン(200V 820μF)は、新たに購入するのは勿体ないので手元にあった390μFを使用しました。新たに購入したのはMOSFETの2SK447、抵抗9.1kΩ 2W、小型トランス10V 0.5A程度です。あとは手持ちと中古の取り外し品で代替えしました。

  2台製作するので、ユニバーサル基板ではなく基板パターンを起しました。記事で公開されているパターンを参考に、手持ち部品に合わせて少し変更しました。プリント基板作成は、例によってラミネータによるトナー転写方式で、簡単で失敗がありません。
  ジャンク箱から古い(100mm×200mmサイズで50円と、おそらく学生時代に購入)ベークライト基板が出てきたので、1枚はこれで作成しました。銅箔は変色していましたが腐食はなく、ベークライトの劣化も無さそうでした。
  プリント基板は1台のみ組み立てましたが、もう1枚は作動確認がすんでから組み立てます。なお2枚目のパターンは、1枚目の組立での気付き事項を反映して、若干変更をかけています。
  Soldering iron Temp cont board  Solder iron temp cont board & PCB


3.今後の作業
  時間を見つけて作動確認をしたいと思います。
  最終的にはケースに組込むつもりですが、100均のプラケースにするか、手頃な金属ケースを購入するか?
  その前に、新しく購入するハンダごてを何にするか決めて、買ってこなくてはなりません。
関連記事
【 2016/03/14 】 ② 電子工作 ハンダごて温度コントローラの製作 | TB(-) | Comment(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。