nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

EL38全段差動PPアンプ(平衡型改造)

 およそ4年前に製作したこのアンプ、発熱が大きいので冬場のアンプとして頑張ってくれています。今のままで特に不満はなかったのですが、マイ流行?に乗って入力を平衡型に改造しました。
 先日完成した平衡型FET差動ラインアンプが期待以上だったので、平衡型という誘惑に逆らえず、ついに改造に手を出してしまいました。
 改造の結果、やはり「平衡型は素晴らしい!」と再認識しました。
  EL38PP_modified inner view


1.現状
  製作して4年が経過していますが、トラブルもなく働いています。球も中古品でしたが大きな劣化は無いようです。
  シャーシは、予算の制約でボンネット無しの弁当箱シャーシです。なので惜しげもなく穴開けが出来ます。入力コネクタは背面のRCAコネクタ、初段は2SK30Aの差動でシャーシ正面裏に平ラグで組んであります。
  EL38PP_front view


2.改造ポイント
  平衡回路のあらましと改造要領について、ぺるけさんHPの平衡プロジェクトで勉強させて頂きました。ありがとうございました。
  今回の改造ポイントは負帰還をHot/Cold両方に戻すと共に、2段階にかけることのようです。説明を読めばなるほどと思いますが、細部に渡る工夫に感心するばかりです。
  改造の細かい回路定数は別途調整するとして、負帰還は試算で1段目1.8kΩ+160Ω、2段目100kΩ+56kΩと仮設定しました。


2.改造
  さあ改造です。シャーシ底板を開けてハラワタを覗き、どのように手を付けるか暫し思案しました。製作時には改造のことなど考えていないので、多少見てくれが悪くなるのはやむを得ません。

 (1) コネクタ交換
   背面のRCAコネクタを取り除き新たにXLR3用に24mmφの穴を開けますが、ハラワタは存置のままで何とか穴開け加工をしようと思います。シャーシ裏側にアルミ厚板を当て、既存の穴位置に注意してサークルカッターで穴開けしました。当て板は固定していないので、位置がずれないように慎重に作業します。この方法だとシャーシ内部のスペースは最小でよく、切り屑が入ることもありません。
  EL38PP_rear view
  EL38PP_connector hole  EL38PP_modified connector hole open

 (2) 入力回路変更
   現在は、初段FETや定電流回路が平ラグ板に載っています。負帰還回路左右2段分をここに追加するのは不可能なので、短く切断した平ラグ板で組立てて既存取付スタッドを利用して2階建てとしました。見てくれは悪いですが、初段回路全てを作り直すのは大義なのでこれで良しとします。
  レベル調整ボリューム2個は不要となりますが、取り外すと穴跡がアレなのでツマミはそのまま残しておきます。そのうちアッテネータでも取付ようと思います。
  EL38PP_1st stage up view  EL38PP_modified rear view


3.確認と調整
  スピーカ出力にダミー負荷装置を接続し、レベルメータにて負帰還の接続が正しいこと(発振がないこと)を確認します。その後適当な信号を入力してスムーズに出力が変化することも確認しました。ここまでで正常に作動しているようです。
  改造のついでに、経年変化に伴う再調整も行いました。電源ON後30分ほどして安定したところで、初段FETのバランス調整、終段のDCバランス調整とやりました。大きく狂ってはいませんでしたが、再調整すると気持ちがいいです。
  EL38PP_modified adj


4.試聴です
  我が家で唯一の平衡型ペアです。平衡型FET差動ラインアンプの平衡出力をEL38全段差動PPアンプ(平衡改造)に平衡のまま接続し、お気に入りのCDを聴きました。
  最初の音で「おぉ!」となりました。派手さはありませんが、大きな音から小さな音まで全ての音が定位と分離よく出てきて、そこに音があることが感じられます。これが平衡型の特徴でしょうか。まあ、私の駄耳とセンスですから、信じないでください。
  EL38PP_set in my audio system

  やはり平衡型はイイです!甘美な蜜です。常習者になりそうです。
  メインのラインアンプは真空管6922差動ラインアンプですが、入れ替えようかな。隣に置いてあるUZ42全段差動PPアンプも平衡型に改造できるんだよなぁ。

関連記事
【 2016/04/18 】 ③ 真空管アンプ EL38全段差動PPアンプ | TB(-) | Comment(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。