nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

CDプレーヤーの平衡出力

 えっ、平衡出力できるんだ?・・・ラックの掃除をしていて、CDプレーヤの背面にキャノンコネクタがあるのを偶然見つけました。
 DENON製のDCD-1650GLという普及クラスの機器で、ずいぶん前に中古で入手したものです。当時は良く使用していましたが、CDは殆どPCに取り込んだため、今では電源を入れることもなく場所取りのオブジェと化しています。
  DCD-1650GL_Front view

 まあ、それでもせっかくの平衡出力ならば聴いてみようと、先に製作した平衡型FET差動ラインアンプに接続して試聴してみました。感想は、・・・う~ん違いが分からない。まあいいか。


1.平衡出力の方式
  こいつの前身であるDCD-1650には平衡出力はないので、限定版モデルと称して購買意欲を煽るための、目玉機能の一つとして追加されたのでしょう。(本当のところは知りませんよ、どうでもイイですけど)
  DCD-1650GL_Balanced output  DCD1650GL_Manual balanced output spec

  取説では、キャノンコネクタのピンアサインが3番HOT、2番COLD(日本レコード協会規格)と表記されています。COLDとGND(1番)はショートしないようにとの注記もあり、おそらく平衡出力部は電子式平衡回路になっていると思われます。


2.2番COLDっていいの?
  ぺるけさんの平衡プロジェクトでも「現在は2番HOTが標準」と説明されています。過去には混在していたようで、「コネクタのことなど」にもDENON製CDプレーヤーのことが取り上げられていますね。
  では、2番COLDの平衡出力を2番HOT受けのラインアンプに接続していいのか?・・・私の頭では問題無しと判断しました。位相が反転しますが、一般家庭のようなプレーヤーからスピーカまで一直線のシステムでは問題無いはず。
  しかし、ネットで調べるとこのような接続は「問題あり」、「変換すべき」、「音が歪む」・・・等々の情報が溢れています。変換ケーブルも売られているということは「何か」まずいことがあるのでしょうか?

  DCD-1650GLは平衡(キャノン)と不平衡(RCA)の両出力が同時に出力できるので、平衡型FET差動ラインアンプに両方を接続し、平衡入力と不平衡入力を切り替えて試聴しました。でも・・・どう聞いても違いが分かりません。


3.実機を見てみよう
  DCD-1650GL_Inner top view  DCD-1650GL_Balanced output PCB assy

  DCD-1650GLのカバーを外して平衡出力部がどうなっているか覗いてみました。キャノンコネクタと一体となった基板が後部に見えますが、如何にも後から付け足した様がありありです。これが取り出した平衡出力部基板です。せっかくなので少し回路を追ってみましょう。
  DCD-1650GL_Balanced output PCB before

  オペアンプBA15218が2個使用されています。はじめて聞く型番ですがNE5532クラスかな?片chあたりオペアンプ1個(2ユニット)で構成された不平衡→平衡変換回路ですね。出力インピーダンスは600Ωとなっています。
  片ch4個並んでいるトランジスタは2SC2878で、よく知られたミューティング用途のものです。HOTとCOLD出力ラインそれぞれに2段使用されています。
  メイン基板とは6芯ケーブルで接続されており、±Vcc(2芯)+GND(1芯)+Rch信号(1芯)+Lch信号(1芯)+ミュート(1芯)です。メイン基板のパターン面は見ていないので未確認ですが、おそらくDAC後のフィルター出力(音声信号)を分岐し、一つは不平衡(RCA)出力に、もう一つはこの基板入力となっているようです。
  ちょっと頑張って回路を起そうかとも思いましたが、使うあてもないのでパスします。

  さて、2番COLDをどうしようかと悩みましたが、後でまたカバーを開けるのも面倒なので、基板のパターンカット&ジャンパーで2番HOTにしちゃいました。これで精神衛生上スッキリです。ついでにオペアンプ2個はソケットに交換し、今はNE5532が挿さっています。
  DCD-1650GL_Balanced output PCB after  DCD-1650GL_Balanced output PCB after pattern modify

  キャノンコネクタのピンが少し黒ずんでいたのでお掃除です。こんな時は百均の電動消しゴムが便利で、真空管の足もキレイになります。コネクタピンがキレイになったので少しは良くなったはずですが、(私には)音の違いはよく分かりませんでした。

【 2016/05/13 】 ⑤ なんちゃってオーディオ CDプレーヤーDCD-1650GL | TB(-) | Comment(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。