nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

庭の果樹の摘果

 5月も中旬となり、庭の木々も今を盛りに緑を繁らせています(狭い庭ですが)。今日は庭の果樹の摘果を行いました。この季節、さすがに一働きすると汗びっしょりになりますね。
  The picked Tianjin peach


 摘果したのは天津という桃で、我が国に入ってきた原種の桃の一つです。桃太郎の桃でおなじみのお尻が尖った形をしています。
  Small fruits of the Tianjin peach

 昨年秋に大枝を落したりと大きな剪定をしたにも拘らず、数多くの結実がありました。今日は100個以上は摘果しましたが、まだ100個程度は枝に残っています。来月上旬にもう一度摘果を行い、少し袋掛けしようと思います。残りは鳥や虫にお裾分けです。
 天津桃の熟果で作るコンポート(シロップ煮)はたまりません。よだれが出ます。


  One American cherry

 これは7~8年ほど前に植えたサクランボの木、正確にはアメリカンチェリーです。自家結実(自分の花粉で実が成る)性の大粒品種で、日本の梅雨は一寸苦手ですが元気に育っています。
 今では3mほどの高さになって毎年春には満開となり楽しませてくれます。しかし、楽しめるのは花までで、一番お楽しみの果実はまったく期待外れです。わたし花より団子が好きなんですけど。

 今の時期になると、毎日朝早くから窓の外でチュンチュン、バサバサと騒がしく、何のことはない、小鳥の集団が少し赤くなった果実にたかっているのです。少しくらいならお裾分けも構わないのですが、一つ残さず完食してしまいます。
 先週の土日まではまだかなりの果実が残っていましたが、今日見ると数個がまばらに残っているだけです。これもその内奴らのお腹の中に消えるでしょう。

関連記事
【 2016/05/22 】 ⑨ その他 | TB(-) | Comment(-)