nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

もう一つのUSB DAC製作(完成です)

 先日まででプリント基板の組立が終了していましたが、やっと完成しました。
 仕事&プライベートで、なかなか時間が取れずに少し遅くなってしまいましたが、簡単な調整を終えて蓋を閉じました。見た目は相変わらずヘタレですがご勘弁を。
 少し試聴した限りでは、切れと繊細さがあるなかなか心地よい音を出してくれていると思います。
  PCM2702USB DAC_Completion closeup


1.組立
  結局、ケースを使わずに弁当箱シャーシ+正面パネルの構成としました。これが一番手軽で安上がりです。横幅をなるべく小さく(120mm)したために奥行が250mmと長くなってしまいました。
  電源をAC100V仕様としたために内部が少し窮屈です。AC電源アダプターにするともう少し小さく収まると思います。

  PCM2702USB DAC_Completion inner view1  PCM2702USB DAC_Completion inner view2
  正面パネルには電源スイッチと3個のLEDがあります。LEDは前の記事でも書いたように光り物のお飾りですが、黄がUSB V+表示、緑がUSB ACTIVE(デバイス認識)そして青がPLAYBACK(PCMデコード中)のステータス表示です。少し派手すぎたような気もします。
  背面は電源インプットとUSBジャック及び出力用XLR3コネクタです。

  PCM2702USB DAC_Completion DAC view  PCM2702USB DAC_Completion lineamp view
  PCM2702の出力はPCM2704に比べて倍近くあるので、USB DACの出口に約6dBの抵抗アッテネータを付けてアンバランスのままラインアンプ部に入力しています。USB DAC部分を交換した時はアッテネータ調整でレベルを合わせることが出来るように、このような回路としました。


2.計測と調整
  ラインアンプは単体でDCバランス調整をして、周波数特性を確認してお終いです。もう3台目なのでトラブルこともありません。
  全体の周波数特性は未計測です。そのうち暇が出来たら計測しようかな。

3.試聴
  メインシステムに接続して一聴した限りでは、切れと繊細さの両方があり聞きやすい良い音だと感じました。個人的にはAKI.DACを使用したUSB DAC(トランス式)よりも良いとはっきり言えます。こちらの方がずっと好みです。

  PCM2702USB DAC_Completion in use
  今は取りあえず、作業部屋で平衡型差動ラインアンプ(2号機)に接続してBGM用として使用しています。時間のあるときに、メインシステムでもじっくりと聴いてみようと思っています。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。