nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

EL38全段差動PPアンプ(真空管交換)

 EL38の一本が死亡したのが昨年の8月で、それ以来コンセントから抜いていましたが、この度やっと交換用のEL38(ペア)が入手できたので交換しました。
 ついでに初段FETの熱結合対策と各部の調整を行い、約9ヶ月ぶりに音を出すことが出来ました。
  EL38 Trouble_New tubes


1.EL38交換
  たまに、ヤフオクでEL38の出品がないかワッチしていましたが、ずぼらで忘れっぽい性格故に出品に出会うことがありませんでした。先日運良く出会え、殆ど未使用と思われる状態のものをペアでお安く入手することが出来ました。
  マークは消えているし、袴の色が現用(黒)と違って茶色ですが全く気にしません。出品者のK様、その節は有難うございました。
  このペアは特性も良く揃っており、DCバランス調整も殆ど要らないくらいでした。久しぶりに4本揃ったEL38を眺めて、改めて愛着がわいてきました。
  EL38 Trouble_Exchange tubes


2.初段FETの熱結合
  ぺるけさんの掲示板で小さな話題となった、差動アンプ初段JFETの熱結合のススメに倣い、初段のFETに施しました。
  EL38 Trouble_Thermal couplimg

  太径の銅線に代えて銅板を細長く切って使い、FETとの接触部にはシリコングリスを塗りたくっています。
  どれ程の効果があるかわかりませんが、1時間ほど様子を見ていると上下FETのドレイン間電圧差はほぼ2mV以内に収まっているので、少しは効果があるようです。(と言っても、底板を外した状態なので何とも)

3.久しぶりに試聴
  先に完成(MCトランスを組込み)した平衡型差動イコライザアンプと組み合わせて、マイなんちゃってオーディオシステムでお気に入りレコードを何枚か聴いてみました。
  システムのほぼ全体を平衡型接続とした効果かどうかわかりませんが、無入力時のノイズが小さいことが嬉しいです。SPにぴったり耳をくっつけないとサーというノイズを聴くことが出来ません。
  久しぶりの全段差動EL38PPアンプの音は、製作当時の満足感を思い出させてくれます。発熱が故にこれから夏に向かって出番は少なくなりますが、なるべく電源を入れてやろうと思います。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。