nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

オシロスコープを買おう

 電子工作ではテスターやマルチメータだけでは対応できず、オシロスコープが必要な場面が結構あります。
 私もオシロは2台持っていますが、共に20数年以上の老体で機能・性能や使い勝手が悪く、今流行のデジタル・オシロが欲しくなってきました。

 そこで、ネットで廉価なデジタルオシロをあれこれ探してみました。
 近頃のオシロは、その機能やサイズもさることながら価格の安さにびっくりします。数万円以下で十分すぎる程の製品が幾つもあります。生産国が某国ということも価格の前には霞んでしまいます。

 皆さんの使用レポート等を参考に、結局OWON製のSDS7102を本命に決めました。
 さあ、どこで購入するかが問題ですが、日本語マニュアルと保証が付いた国内正規代理店は結構割高です。最も安いのは某国ショップからの通販ですが、リスクを考えると一抹の不安もあります。
 近頃の円安、決済やトラブル時のリスク、価格の安さ・・・等々が一瞬頭の中で葛藤しましたが、気がつくと右手が勝手にポチッていました。もう後には引けません、祈るだけです。

オシロスコープ_SDS7102アップ



(1) 現在持っているオシロ
 現在、化石のようなオシロが2台あります。

VP5220A  ReCroy9450A

 1台は20数年前の若かりし頃に新品で購入したもので、ナショナルのVP5220Aという20MHz帯域のアナログ式です。購入時は自分の給料と比べてかなり勇断が必要だった記憶があります。
 大切に使ってきており、変色したマニュアルも残っています。
 しかし今では殆ど電源を入れることもなく、片chが少し接触不良の持病があります。

 もう1台は3年程前にジャンク品を購入してメンテしたもので、ReCroy社の9450Aです。これは帯域300MHzのデジタル・オシロで、多機能で操作性が良く、大型CRTも見やすいのですが、如何せん巨大な図体と電気大食いです。
 さらに表示画面のPCへの取り込みができないという3重苦を抱えています。どうしても必要な時のみ押し入れから引っ張り出してきますが、存在感(図体のでかい邪魔者)のある1台です。


(2) 本命のデジタルオシロ
 無意識のうちにポチッてしまったOWON製SD7102は、バンド幅100MHz、サンプルレート1GS/sの2chオシロで、8インチ(800×600)の大型カラーLCD表示、FFT機能に10MBメモリ、LAN/USB/VGAの外部インターフェースを持っています。私にとっては夢のようなオシロです。
 とにかく画面を記録できるのが嬉しいです。


(3) 突然到着しました
 オーダーを出したのが1/8(火)の夜で、発送連絡もないうちに今日1/12(土)昼過ぎに到着してしまいました。
 1週間ほどかかると表示されていたのですが、よく分からない某国です。まさか国内在庫品が回ってきたのかと思いましたが、伝票は某国発の航空便でした。

 オシロスコープ_SDS7102荷姿

 運んでくれた運送会社のお兄さんが笑っていました。その荷姿の凄いこと!私も思わず笑ってしまいましたが、人事ではありません。中身は大丈夫か?
 ネットでの事例を見て少しは覚悟をしていましたが、いざ自分の身に降りかかると笑っては済まされません。その凄まじい某国クオリティには呆れてしまいます。


(4) 中身の安否確認
 早速開梱してみました。開梱と言ってもグルグル巻のビニルテープを引っぺがすだけですが、どうしたらこんなに無秩序に巻けるのか?小学生以下です。

オシロスコープ_SDS7102箱  オシロスコープ_SDS7102開梱

 幸いにも、中の段ボール箱は変形もなく無事でした。
 オシロ本体、付属品、英文マニュアルと不足品はありません。 簡単な作動確認もしましたが、特に異常は見受けられませんでした。


(5) 本体の確認
 思った以上に小型軽量で、厚さ(奥行)がありません。
 フンクション・スイッチ等の押しボタン操作が少々堅めなため、手で支えて押さないとひっくり返ってしまいます。できればソフトタッチのスイッチが望ましいです。
 レンジ切替え等の回転ツマミ類は、かなり遊びがあり安物っぽい感じです。
 自慢の8インチLCD画面は流石に見やすく、これだけでも価値があります。また、本モデルは外部VGA端子を持っており、大画面への表示も(必要とは思いませんが)可能です。
 LAN端子もあります、何に使うのか今一分かっていません。

オシロスコープ_SDS7102本体  オシロスコープ_SDS7102本体側面


 全体的に見て、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。作りもしっかりしており決して貧相さは感じられません。
 なんと言っても送料込みで400数十ドル(米ドル)強です。ちょっと高価なオモチャと割り切れる価格だと思います。
 これから少し弄ってみます。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL