nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

春うらら

 関東地方は、ここ何日かの暖かさで桜の開花も例年より早く3月20~25日頃と予想されています。

 私の住んでいる関東南部地域も桃や桜の開花が始まっています。
 今日も暖かい日和で、庭の花木が春めいており蝶も舞っています。

 我が家も桃がぽつりぽつりと開花が始まっており、例年はソメイヨシノに少し遅れて4月上旬から開花するのですが、今年はだいぶ早いようです。

桃の花アップ


(1) 我が家の桃
 この桃の木は植えてから7年ほどですが、土壌と相性がよいのかグングンと育ち2階のベランダから手が届く迄になっています。先端を詰めているのですが、毎年のように大枝を落さないといけません。

桃の花

 品種は「天津桃」といって原種の一つで、市中に出回っている白桃や白鳳等とは違う系統です。
 特長はその形にあります。桃太郎や孫悟空に出てくる桃の形をご存じでしょうか?中華チェーン店のバーミヤンのマークもそうです。
 先が少しとがっていますね、これが天津桃です。

 完熟してもそれほど甘くはなく果実が堅いのが特長です。また果肉は真っ赤な色をしており、シロップ煮にするとたまりません。
 毎年相当な数結実するのですが、袋掛けをしても鳥や虫に先を越されて、人様の食いぶちはわずかにしかなりません。ここ2年ほどは袋掛けの数を限定して残りは鳥や虫にお裾分けするようにしています。

(2) 春うらら
 天津桃のほかに、照手水蜜(枝ダレ性小型桃)、ケルシー(スモモ)、アメリカンチェリー、日向夏(ミカン)等々、我が家の庭木は食べ物ばかりです。花も楽しめ実も楽しめ、夏は木陰、蝶や鳥も来てくれる一石多鳥の庭木です。まあ時々は毛虫やカラスにトンビも来ますけど。
 これからこれらが次々と開花するので、春はまさに花一杯となります。

 我が家のニャンコもベランダに出て、嬉しそうにゴロゴロしています。

ネコ1onベランダ

 でも見張っていないととんでもないことになるのです。コヤツ今までに2度も落下して共に病院行きで、一度は骨折で2週間入院して治療費20万円が飛んでいきました。
 鳥や蝶を見ると足下を忘れて無意識に飛びついていくので、当然体は宙を舞うことになります。テレビ画面の鳥にも飛びつきますが、学習能力はないのか?
 お願いだから3度目はやめてね!
関連記事
【 2013/03/17 】 ⑨ その他 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL