nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

トランジスタテスターを作ろう (その3-2/2:ファームウェア)

 記事が長くなるので、Makefileの編集部分の抜粋にコメント追記(# ◆部分)したものを別記事として分けました。
 ちょっと長いですがご勘弁を。お分かりの方はスルーして下さい。

(以下Makefileの抜粋とコメントです)
# ********************** config options for your Semiconductor tester
# Every changing of this Makefile will result in new compiling the whole
# programs, if you call make or make upload.

# Select your Part-No. for avrdude :
# atmega8 : m8
# atmega168: m168 or m168p
# atmega328: m328 or m328p
# ◆使用するマイコンの型式を指定する。ATmega168か328が推奨です。
PARTNO = m168

# Select your language:
# Available languages are: LANG_ENGLISH, LANG_GERMAN, LANG_POLISH, LANG_CZECH, LANG_SLOVAK, LANG_SLOVENE,
# LANG_DUTCH, LANG_RUSSIAN
# ◆表示言語を選択する。通常はENGLISHを指定しますがお好きに。
UI_LANGUAGE = LANG_ENGLISH

# The LCD_CYRILLIC option is necessary, if you have a display with cyrillic characterset.
# This lcd-display don't have a character for Ohm and for ツオ (micro).
# Russian language requires a LCD controller with russian characterset and option LCD_CYRILLIC!
# ◆Cyrillic型LCDを使用する場合のみ指定する。通常は指定しない。
#CFLAGS += -DLCD_CYRILLIC

# Option STRIP_GRID_BOARD selects different board-layout, do not set for standard board!
# The connection of LCD is totally different for both versions.
# ◆ストリップグリッド基板使用の場合にPortDのアサインを変更する。通常は指定しない。
#CFLAGS += -DSTRIP_GRID_BOARD

# The WITH_SELFTEST option enables selftest function (only for mega168 or mega328).
# ◆セルフテスト機能の要否を選択する。通常は設定する。(168/328のみ設定可)
CFLAGS += -DWITH_SELFTEST

# AUTO_CAL will enable the autocalibration of zero offset of capacity measurement and
# also the port output resistance values will be find out in SELFTEST section.
# With a external capacitor a additionally correction of reference voltage is figured out for
# low capacity measurement and also for the AUTOSCALE_ADC measurement.
# The AUTO_CAL option is only selectable for mega168 and mega328.
# ◆セルフテストによるオフセット記録と自動補正の要否を選択する。通常は設定する。
CFLAGS += -DAUTO_CAL

# FREQUENCY_50HZ enables a 50 Hz frequency generator for up to one minute at the end of selftests.
# ◆セルフテストの50Hz(クロック精度確認)出力の要否を設定する。お好きなように。
#CFLAGS += -DFREQUENCY_50HZ

# The WITH_AUTO_REF option enables reading of internal REF-voltage to get factors for the Capacity measuring.
# ◆低容量キャパシタ計測のための係数取得の要否を選択する。通常は設定する。
CFLAGS += -DWITH_AUTO_REF

# REF_C_KORR corrects the reference Voltage for capacity measurement (<40uF) and has mV units.
# Greater values gives lower capacity results.
# ◆キャパシタ計測のオフセット(mV)を設定する。通常はデフォルト値でOK。
CFLAGS += -DREF_C_KORR=12

# REF_L_KORR corrects the reference Voltage for inductance measurement and has mV units.
# ◆インダクタンス計測のオフセット(mV)を設定する。通常はデフォルト値でOK。
CFLAGS += -DREF_L_KORR=40

# C_H_KORR defines a correction of 0.1% units for big capacitor measurement.
# Positive values will reduce measurement results.
# ◆大容量キャパシタ計測の修正値を設定する。値が10だと計測値から1%低い値を表示する。通常は0を指定するがお好きに。
CFLAGS += -DC_H_KORR=0

# The WITH_UART option enables the software UART (TTL level output at Pin PC3, 26).
# If the option is deselected, PC3 can be used as external voltage input with a
# 10:1 resistor divider.
# ◆PC3をUART(TTL)出力に使用するか否かを設定する。設定しない場合は外部電圧計測(最大50V/分圧R使用)に使用できる。(詳細はドキュメントを参照)
CFLAGS += -DWITH_UART

# The CAP_EMPTY_LEVEL defines the empty voltage level for capacitors in mV.
# Choose a higher value, if your Tester reports "Cell!" by unloading capacitors.
# ◆キャパシタの放電完了閾値(mV)を指定する。通常はデフォルト値でOK。
CFLAGS += -DCAP_EMPTY_LEVEL=4

# The AUTOSCALE_ADC option enables the autoscale ADC (ADC use VCC and Bandgap Ref).
# ◆ADCの自動スケール切り替えを可能とする。通常は設定する。
CFLAGS += -DAUTOSCALE_ADC

# ◆内部ADC基準電圧(mV)のオフセットを設定する。通常はデフォルト値でOK。
CFLAGS += -DREF_R_KORR=3

# The ESR_ZERO value define the zero value of ESR measurement (units = 0.01 Ohm).
# ◆ESR計測のゼロオフセット(計測値から除算)を設定する。結果がマイナスとなったら自動修正される。通常はデフォルトでよいが、ESRが高く表示される場合は値を増やす。
#CFLAGS += -DESR_ZERO=29
CFLAGS += -DESR_ZERO=40

# NO_AREF_CAP tells your Software, that you have no Capacitor installed at pin AREF (21).
# This enables a shorter wait-time for AUTOSCALE_ADC function.
# A capacitor with 1nF can be used with the option NO_AREF_CAP set.
# ◆AREF(Pin21)にキャパシタが装備されていないことを設定する。通常は設定するが、Pin21のCは1nF以下とすること。
CFLAGS += -DNO_AREF_CAP

# The OP_MHZ option tells the software the Operating Frequency of your ATmega.
# ◆クロック周波数(MHz)を指定する。通常は外部8MHz X’talを装備し8MHzを指定する。
OP_MHZ = 8

# Restart from sleep mode will be delayed for 16384 clock tics with crystal mode.
# Operation with the internal RC-Generator or external clock will delay the restart by only 6 clock tics.
# You must specify this with "CFLAGS += -DRESTART_DELAY_TICS=6", if you don't use the crystal mode.
# ◆起動時のディレイ時間を指定する。通常は外部X'talを使用するので指定しない。ATmega168/328で内部CR発振を使用する場合のみ6にする。
#CFLAGS += -DRESTART_DELAY_TICS=6

# The USE_EEPROM option specify where you wish to locate fix text and tables.
# If USE_EEPROM is unset, program memory (flash) is taken for fix text and tables.
# ◆固定テキストやテーブルの置き場所(EEPromかFlash)を指定する。通常はEEPromを指定する。
CFLAGS += -DUSE_EEPROM

# Setting EBC_STYPE will select the old style to present the order of Transistor connection (EBC=...).
# Omitting the option will select the 123=... style. Every point is replaced by a character identifying
# type of connected transistor pin (B=Base, E=Emitter, C=Collector, G=Gate, S=Source, D=Drain).
# If you select EBC_STYLE=321 , the style will be 321=... , the inverted order to the 123=... style.
# ◆トランジスタピンアサイン表示方法を指定する。EBC/GDS=***(指定)、123=***(未指定)、321=***(指定+321)からお好きに。
#CFLAGS += -DEBC_STYLE
#CFLAGS += -DEBC_STYLE=321


# The PULLUP_DISABLE option disable the pull-up Resistors of IO-Ports.
# To use this option a external pull-up Resistor (10k to 30k)
# from Pin 13 to VCC must be installed!
# ◆内部プルアップを使用しない指定をする。通常は設定してPin13(PD7)からVccに外部プルアップ抵抗を取り付ける。
CFLAGS += -DPULLUP_DISABLE

# The ANZ_MESS option specifies, how often an ADC value is read and accumulated.
# Possible values of ANZ_MESS are 5 to 200 .
# ◆ADCを読む頻度を設定する。大きくすると計測時間が長くなる。(44を指定すると約5mS)通常はデフォルト値でOK。
CFLAGS += -DANZ_MESS=25


# The POWER_OFF option enables the power off function, otherwise loop measurements infinitely
# until power is disconnected with a ON/OFF switch (CFLAGS += -DPOWER_OFF).
# If you have the tester without the power off transistors, you can deselect POWER_OFF .
# If you have NOT selected the POWER_OFF option with the transistors installed,
# you can stop measuring by holding the key several seconds after a result is
# displayed. After releasing the key, the tester will be shut off by timeout.
# Otherwise you can also specify, after how many measurements without found part
# the tester will shut down (CFLAGS += -DPOWER_OFF=5).
# The tester will also shut down with found part,
# but successfull measurements are allowed double of the specified number.
# You can specify up to 255 empty measurements (CFLAGS += -DPOWER_OFF=255).
# ◆自動電源OFF機能を選択する。指定しないと電源をOFFするまで計測はループする。電源自動OFF機能がないならこの指定は不要。連続してパーツ未接続を検出した場合に自動電源OFFとする回数指定もでき、5回程度がお薦め。
#CFLAGS += -DPOWER_OFF=5
CFLAGS += -DPOWER_OFF

# Option BAT_CHECK enables the Battery Voltage Check, otherwise the SW Version is displayed instead of Bat.
# BAT_CHECK should be set for battery powered tester version.
# ◆電池電圧チェックの要否を選択する。設定する場合は回路も必要。
CFLAGS += -DBAT_CHECK

# The BAT_OUT option enables Battery Voltage Output on LCD (if BAT_CHECK is selected).
# If your 9V supply has a diode installed, use the BAT_OUT=600 form to specify the
# threshold voltage of your diode to adjust the output value.
# This threshold level is added to LCD-output and does not affect the voltage checking levels.
# ◆BAT_CHEKを設定した場合に電池電圧表示の要否を選択する。途中の電圧降下を補正値で設定でき、トランジスタCE間はデフォルトで、ダイオードなら600(mV)を指定する。
CFLAGS += -DBAT_OUT=150

# To adjust the warning-level and poor-level of battery check to the capability of a
# low drop voltage regulator, you can specify the Option BAT_POOR=54 .
# The unit for this option value is 100mV (0.1 Volt), 54 means a poor level of 5.4V.
# The warning level is 0.8V higher than the specified poor level (>5.3V).
# The warning level is 0.4V higher than the specified poor level (>2.9V, <=5.3V).
# The warning level is 0.2V higher than the specified poor level (<=2.9V).
# Setting the poor level to low values is not recommended for rechargeable Batteries,
# because this increase the danger for deep discharge!!
# ◆電池電圧下限レベル(100mV)を指定する。警報レベルは下限レベルより若干高い。
CFLAGS += -DBAT_POOR=64

# The sleep mode of the ATmega168 or ATmega328 is normally used by the software to save current.
# You can inhibit this with the option INHIBIT_SLEEP_MODE .
# ◆マイコンのスリープモードを非使用にする。通常は設定しない。
#CFLAGS += -DINHIBIT_SLEEP_MODE


# Select your programmer type and port, if you wish to use avrdude.
# ◆ライターにavrdude対応を使用する場合は型式とインターフェースを指定する。それ以外の場合は指定しなくてよい。
PROGRAMMER=avrisp2
PORT=usb
# ********************** end of selectable options
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。