nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

6WC5シングルミニワッター (製作その1)

 6WC5は受信機の局発/混合用の5グリッド7極管で、アンプビルダーから見ればまさに猫またぎです。
 脇役で地味なヤツに光を当ててやろうと、シングルミニワッターに仕立てるべく計画して既に数ヶ月が過ぎてしまいました。

 6WC5の素性を調べ、回路も決まり、部品も揃った所で停滞したのは、製作しても大した音はしないだろうとの負の期待感が原因ではなく、単に私の怠慢でした。いくら何でもこのままではマズかろうと、とにかく製作を開始しました。
 一番気が重いシャーシ加工は後回しにして、今日はケース内の部品配置の検討までで時間切れです。

6WC5シングル_基本配置アップ


(1) 製作イメージ
 ① 外観
  弁当箱シャーシに真空管むき出しはマズイのでケースに押し込む事にしました。見栄えが少々貧相ですが、真空管ヒータが見えるようにパネル正面に穴を開ける予定です。

 ② ケース内配置
  電源トランスと出力トランスを両サイドに押しやり、ケース中央部にスペースを確保しました。ここに主役を2本寝かせて配置します。
  ヒータ消費電力は2本合わせて5W以下(6.3V 0.35A×2本)ですが、放熱を考慮してケース底面と上面に穴開けし、真空管の姿がチラリと見えるようにエキスパンドメタル板で塞ぐ予定です。

6WC5シングル_基本配置前より  6WC5シングル_基本配置後より

 ③ 真空管の固定
  6WC5を寝かすのでソケットだけでは保持性に少し不安があります。何らかの方法で固定する必要がありそうです。さてどうしましょ?

 ④ 電源部
  +B電源部は小型ユニバーサル基板に組みます。これはスペースの都合でヒータ電源部と共に2階建てにするためです。
  ヒータ電源は専用トランスのスペースがないため、5V 1.5Aの小型ACアダプターを分解・改造し6.3V出力とします。


(2) 次は
 力作業ではないソケット周りの製作と、電源部を製作しようと思います。がんばれ!>自分

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。