nobuの雑記帳「+バイアスを少し」

近頃なぜか真空管や電子工作に興味を持ちだし、日常生活に少しの刺激と楽しみをプラスしようと、凝り固まった頭の体操も兼ねてこの雑記帳を綴ることにしました。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | Comment(-)

超音波レコード洗浄器の試作(洗浄槽)

 今回は電子工作ではなくてアクリル工作です。何時ものアルミシャーシ加工とは勝手が違い、苦労しました。
 過去には、7セグLED表示器に取り付ける1mm厚のアクリル板をプラカッターで切ったことはありますが、まともなアクリル工作は未経験です。こんなことで洗浄槽が作れるのだろうか?不安一杯でスタートしました。

 何はともあれ、最低限の工具がないことには始まらないので、手元にある工具を総動員してアクリル板に挑みました。不器用な我が腕を嘆きつつ、四苦八苦して何とか洗浄槽が形になりましたが、見せるのが恥ずかしいレベルです。初めてだし、試作だし、水は漏れていないからと、自分を慰めたいような出来です。
  Ultrasonic_Cleaning tub with record


超音波レコード洗浄器の試作(発振部)

 超音波発振部の試作に必要な部品を集め、さっそく組んでみました。
 できれば、回路や作動原理をきちんと理解してから製作すべきですが、PICプログラムがよく理解できていない所もあります。先ずは製作することを優先して、後々時間をかけて理解を図るつもりです。
  Ultrasonic_Transducer Driver Assy

アクリル曲げヒータの製作

 進行中のテーマ「超音波レコード洗浄器」の洗浄槽を作る過程で、アクリル板を曲げたい箇所がありそうです。ほんの少しなのでハンダごてか何かで代用できないか?と思いましたが、この際なのでアクリル曲げヒータを製作することにしました。
 ネット上には多くの方が思考を凝らされた製作事例があり参考にさせて頂きました。私の工作範囲では大げさなものは要らないので、コンパクトなものを製作しました。
Acrylic Heater_Outview top

超音波レコード洗浄器の試作(作ってみよう)

 ここ暫くはめぼしい工作ネタもなく夏の間はボケッとしていました。季節はすっかり秋になり、そろそろ何か書こうと思い立ちレコード用の超音波洗浄器なるものを作ってみよう!ということになりました。

 先日、若かりし頃買い集めた女性アイドル達のレコードを引っ張り出して聴いたところ、プチプチノイズが酷くて興醒めしてしまい、ジャケの彼女がオバ○ャンに見えてきました。
  Ultrasonic_My favorite records

 これは一大事!とネットで調べると、レコードをクリーニングするワザがあるようで、見よう見まねでせっせとレコードを洗ってみました。結果はノイズも減ってずいぶんと聴きやすくなり、クリーニングはそれなりに効果があることを実感しました。
 しかし如何せん面倒で、手洗いなんてやってられません。と言うことで、超音波レコード洗浄器を試作してみよう思います。できるかどうかわかりませんが、工作ネタも兼ねてトライしてみます。

ハンダごて温度コントローラの製作(半田ごてを新調)

 温度コントローラの話ではありません。おニューの半田ごてです。のびのびとなっていましたが、ついに半田ごてを新調しました。やはり何でも新しいものはイイですね。
 ついでにヒータの交換なども行って、温度コントローラと併用することで非常に使いやすくなりました。
  My Solder irons goods

【 2016/05/06 】 ② 電子工作 ハンダごて温度コントローラの製作 | TB(-) | Comment(-)

ハンダごて温度コントローラの製作(その2 完成)

 別もの(平衡型FET差動ラインアンプ)の製作にかかっていて、プリント基板組み立てまで終えた状態で放っていましたが、ケースに入れて簡単な計測、ミス修正、作動確認と、何とか組み立てを終わりました。
  Solder tempcont No1 use

 実際の作業ではまだ使用していませんが、試しに使ってみたところ反応も早くて良さそうです。少々の大型部品でも容量不足を感じず、半田ごての容量がワンランクアップしたような気がします。

【 2016/04/02 】 ② 電子工作 ハンダごて温度コントローラの製作 | TB(-) | Comment(-)

ハンダごて温度コントローラの製作(その1)

 皆さんはどんなハンダごてを使用されていますか?
 巷には、調温式や可搬型等の便利そうなものも売っていますが、私の愛用品は比較的お粗末なものです。ニクロム線式が1本とセラミックヒータ式が1本で、電子工作を始めて以来この2本でやってきました。
 共に手に馴染んでおりまだまだ使えますが、さすがにニクロム線式はないだろうと新しいモデルに更新することにしました。そこで、皆様がどのようなものをお使いか調べているうちに、いいものを見つけてしまいました。
 それは、ハンダごて温度コントローラです。調温機能のないセラミックヒータ式ハンダごてに温度調整機能を付加する物で、ハンダ付作業がワンランク上達したようになるらしい。自分の技量向上が望めないため、そんな良い物ならこれは作らねばと、早速製作することにしました。
  Soldering iron Temp cont board #1
【 2016/03/14 】 ② 電子工作 ハンダごて温度コントローラの製作 | TB(-) | Comment(-)

なんちゃって真空管試験機の製作(その6 痛い!)

 先週製作した電源ユニット等の作動確認を行いました。作りっぱなしだと組込んでからのトラブルが目に見えているので、基板レベルで最小限の作動確認をしておきます。
 また、この時点で回路定数の変更や一部回路の手直しも行いました。
  UNITTEST_BPOWUP

【 2015/03/30 】 ② 電子工作 真空管試験機(もどき) | TB(-) | Comment(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。